ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

VR市場が2020年までに3.6兆円市場に?(前編)

まとめ

2016/01/16 07:00 更新

一般消費者向けの製品リリースが近づき、盛り上がりを見せはじめているVR市場ですが、今後、一体どのように市場拡大していくのでしょうか?(拡大しない可能性ももちろんゼロではないです。)

そこで今回は今後のVR市場規模やどのような分野での活用が考えられるかという点に関してお伝え致します!

昨年4月時点での話ではありますが、米サンフランシスコの調査会社Digi-CapitalがAR(代替現実)とVR(仮想現実)分野のビジネス的な市場動向を伝える調査報告を発表し、2020年までに両分野を合わせた市場規模が1,500億ドル(約18兆円)規模に到達するとの見解を提示し話題となりました。

Digi-CapitalのMDを務めるTim Merel氏はVR分野が2020年に300億ドル(約3.6兆円)市場に達する一方で、2020年のAR市場が1,200億ドル(約14.4兆円)規模に達するとして、以下のような詳細を述べています。

Tim Merel氏は、未だ市場と呼べるマーケットが存在しないAR/VR分野の巡視な定量分析は困難だとした上で、来年始まるであろう新技術の到来が既存の製品を刷新し、新しい市場を育む十分な強さを持っていると説明。共にヘッドセット型のデバイスを持つAR(代替現実)とVR(仮想現実)において、現実に仮想情報をオーバーレイさせることで拡張する“AR”と基本的に完全な没入型体験となる“VR”の違いは些細な区別ではなく、ARがタブレットやスマートフォン市場を巻き込み優位に立つ可能性を持っていると延べ、この普及に大きな役割を果たすであろう潜在的な存在としてAppleとGoogle、Microsoft、Facebookを挙げている。

Merel氏は“VR”がゲームと3D映画に適していると語り、没入型の体験が基本的に着席して楽しむものになるだろうと利用シチュエーションが限定的であることを示唆している。また、氏は2020年に300億ドル規模に達すると予想したVR分野の規模が単なるニッチ市場ではないと説明。VR分野が内包する具体的なニッチ市場として医療や軍事、教育関係の市場を挙げている。

一方、4年で1,200億ドル市場に達するとされたAR分野については、今後電子決済や音声呼び出し、Webブラウジング、映画やTVのストリーミング、企業用アプリ、広告、コンシューマーアプリ、テーマパークライドといった利用方法が登場し、スマートフォン/タブレット市場に親和性の高い普及によって市場を勝ち取るかもしれないとの見解を提示しています。

VR AR市場規模予測グラフ

http://doope.jp/

Digi-Capitalが発表した2020年までの推移予測。2018年以降大きく伸びるという予測になっています。

VR活用予想グラフ

http://doope.jp/

Digi-Capitalが発表した2020年における市場シェアの内訳予想。VR市場はゲームが50%近くのシェアになるという予想になっています。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)