ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

VR市場が2020年までに3.6兆円市場に?(特別編)

まとめ

2016/01/18 07:00 更新

前回で終わる予定だった後編が途中で終わってしまったため、最後を特別編としてお届けします!

では、さっそくいきましょう。

VR活用予想グラフ

http://doope.jp/

前回までで3位の映画までお伝え致しました。

4位 テーマパーク

実はすでにVRを活用したアトラクションが開発されているのはご存知でしょうか?昨年の話にはなりますが、米国ではユタ州の企業がVR技術を用いた屋内型テーマパーク『THE VOID』を計画中と報じられていました。こちらは、2016年の今年オープンする予定と言われています。

また、先日英国テーマパークAlton Towersより、宇宙をテーマにしたVRアトラクション「Galactica」のトレイラー映像が披露されました。SFテイスト満点なこのジェットコースターでは最高で時速75km、3.5Gの重力を体験できるとのこと。ヘッドマウントディスプレイを装着することによって3016年の未来的スペースフライトを楽しめるようです。

多くの人が夢見る宇宙飛行ですが、実際に宇宙に行かずともテーマパークでそんな体験が出来る…なんて未来が実現すればどんなに素晴らしいでしょう。日本でもUSJやディズニーランドなどでVRアトラクションが採用されれば多くの一般的な人がVRを体験する最初のきっかけとなるでしょう。

5位 ニッチ(医療、軍事、人材教育)

特に軍事などはなかなか一般的にはイメージのつきにくい業界ですが、すでに米軍や英国軍での活用が報じられています。用途としては戦闘の実践トレーニングから爆発物の処理の訓練などが挙げられます。特に、基地の中にいながら市街地から辺境の砂漠地域での戦闘に至るまで幅広いシーンでの訓練に対応できる点が移動コストなどの面で大きいのではないでしょうか。

ヘッドマウントディスプレイをつけた兵士

http://www.gizmodo.jp/

医療分野ではトレーニング・カリキュラムとしてVR技術が応用されています。VR技術が内視鏡手術や関節鏡手術、血管カテーテル治療などでは実際にトレーニングの際に使われています。これらの手術では二次元画像のモニターで三次元空間を把握する必要やモニターと手の操作を合わせる必要、特殊な技術などの高度な能力・スキルが要求されます。それらを鍛えるにはVR技術は適切であると考えられています。

VR英会話イメージ

http://techable.jp

教育分野では英語教育でVRを活用しようとしている事例があります。例えば、『VR ENGLISH LESSON』ではストーリー分岐のある360度映像によるインタラクティブな英会話教材により従来の教科書やビデオにはなかった動的なエンタテインメント性の高い教育教材=「エデュテインメント」を実現するとしています。

いかがでしたでしょうか?

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)