ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

StarVRに関してStarbreezeとAcerが業務提携

ニュース

2016/05/24 07:00 更新

4人組犯罪集団の一人となり、強盗や囚人の強奪等の数々の犯罪ミッションをクリアしていくゲーム『PAYDAY』の開発を手掛けたことで知られるStarbreezeは、PC関連企業のAcerと提携したと発表しました。

StarbreezeとAcerが業務提携

http://www.gamespark.jp/

今回の提携はVRヘッドセット「StarVR」の設計と製造、販売、マーケティングについて両社が協力するというものです。

「StarVR」は2015年6月にStarbreezeと505 Gamesから発表されたVRデバイスで、広大な水平視野角210度と垂直視野角130度、5120x1440ピクセルの5K解像度、そしてオプティカルトラッキングによる6DOFを搭載したものです。広い視野角と高解像度の映像が魅力のハイエンドVRHMDです。

2016年5月現在発売されているVRゴーグルの中でハイエンドと位置づけられているOculus Rift、HTC Viveなどと比較してみても、両機ともに視野角110度、解像度2160×1200ドットとなっているところ、StarVRは視野角210度、解像度5120×1440ドットと約2倍ほどのスペックを誇っています。

StarVRの視野角の広さをイメージ化したもの

http://www.starvr.com

StarVR

http://www.gamespark.jp/

StarVR

http://www.gamespark.jp/

E3 2015では、ショットガンを用いて戦う『The Walking Dead』の「Star VR」向けデモを出展。大きな話題を呼んでいました。

また2016年5月9日には、Starbreeze初めてのVRプロジェクトとしてStephane Barbato監督のVR映画「Cockatoo Spritz」が発表されています。今回の提携は、知名度では劣るStarVRにとって、どこまで追い風となるのでしょうか。今後の続報に期待です。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)