ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

PS VRに対応したグランツーリスモSPORTの発売日決定!

ニュース

2016/05/31 07:00 更新

数多くの熱狂的ファンを持つグランツーリスモが遂にPlaystation VRにてリリース。

グランツーリスモSPORT

http://panora.tokyo

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、SIE WWS傘下のポリフォニー・デジタルが開発するPS4用レーシングシミュレーション「グランツーリスモSPORT」の発売日を11月15日に決定したことを発表しました。これはアジア・アメリカ地域と同日発売となります。日本国内における価格や商品仕様は後日発表とのことです。

グランツーリスモはメインシリーズ6作を数える、PlayStationプラットフォームを代表するレーシングシミュレータで、車の挙動を極めて忠実に再現することで熱狂的なファンを抱えています。本作ではFIAとのパートナーシップによりモータースポーツを生まれ変わらせるというビジョンを持った野心作となっています。

収録車種はリアルカーとオリジナルカーを含めて140台、レーストラックは首都高をモチーフにした「東京エクスプレスウェイ」やハーフマイルオーバルなど新規収録コースを含めてた19ロケーション27レイアウトを収録予定。

グランツーリスモSPORT

http://panora.tokyo

グランツーリスモSPORT

http://panora.tokyo

また、ゲーム中に特定の条件を満たすことで、FIA発行による正規デジタルライセンスを各国のASNから取得が可能となっています(日本での実施は未発表)。これは実際のFIA発行のドライビングライセンスと同等の価値を持つと発表されています。

去年10月に開催されたPARIS GAME WEEKでの発表時はPlayStation VRに対応するとされましたが、イギリス・ロンドンで5月19日に行われた本作のアンヴェイルイベントにおいて「グランツーリスモ」シリーズプロデューサーの山内一典氏のグループインタビューが行われ、その席で本作発売と同時にPlayStation VRに対応させる、という表明が複数の媒体で報道されています。

大人気タイトルとPlaystation VRの組み合わせだけに注目度は高く、今後の続報に期待したいですね。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)