ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

ビョークも認めたVRオーディオ会社をFacebookが買収

ニュース

2016/06/10 07:00 更新

FacebookがVR関連スタートアップを買収しました。

英エジンバラに拠点を置くVRオーディオ制作ツールを開発するスタートアップ「Two Big Ears」を買収したことが明らかになりました。買収額は発表されていません。

Two Big Ears

2013年にエジンバラ大学卒業生によって設立されたTwo Big Earsは、VRコンテンツ制作者が、3Dサウンドステージを構築するためのツールセットを専門としている。さまざまな音源から音声を取り込み、360度動画映像やコンピュータ生成ゲームに同期させるデコード機能を搭載した3DオーディオDAWツール「Spatial Workstation」を提供しています。

Spatial Workstationによって、サウンドデザイナーが所有するDAWから直接オーディオをVR動画へミックスする同時処理機能や、オーディオファイルやプラットフォームの互換性や新たなプラグインの追加に悩まされずに3Dオーディオを作りVRプラットフォームや、サイトへ届けることが可能になります。

買収によって、FacebookはSpatial Workstationを無料でMacユーザーに提供を開始しました。

Two Big EarsはVR動画やVRゲーム開発で実績を残してきました。最も有名なプロジェクトは、2015年にビョークがMoMAのショーケースとして世界に披露した音楽PV「Stonemilker」にバイノーラル技術で制作参加したことです。

Facebookは2014年にVR技術ですでに有名な「Oculus VR」を20億ドルで買収して、VR業界に本格進出しました。そのOculus Riftは今年ようやく製品が正式リリースされました。それに続き、サムスンは「Gear VR」、ソニーは「PlayStation VR」、HTCは「HTC Vive」を相次いで発表してきました。

Oculusの創業者パーマー・ラッキー(Palmer Luckey)はVRでのオーディオ体験を重要視しており、Oculus Riftは他社のVRHMDと異なり、脱着可能な統合型VRオーディオヘッドセットが搭載されています。それだけではなくOculus Riftには低ノイズ対策の内蔵DACとアンプが組み込まれ、Oculus RiftとGear VR向けにオーディオ用SDKも展開するほど、VRオーディオへこだわりを見せています。

完璧な没入感を演出するためには、人間の視覚と聴覚(今後は触覚も)を完璧に騙すことが必要であり、今回のFacebookの買収はまさしくその点を補おうというものなのでしょう。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)