ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

8週間でVRアプリを開発出来る?グリー出資先がVR講座開設

ニュース

2016/06/12 07:00 更新

グリーは同社が出資するMake School(米国サンフランシスコ)で、初めてのVR(仮想現実)開発講座「Make School VR Track」を6月20日に開講することを発表しました。

なお、北米市場においてVRに特化したメディアであり、Co-workingスペースを提供するUpload VRが共同で主催する。

VRコースを発表したMake School

VRコースを発表したMake School

もともとMake SchoolはiOS用アプリ開発者のための開発講座を中心としていたスクールですが、北米市場で盛り上がるVR市場において、良質なコンテンツの開発には優秀なエンジニアの育成、供給が重要であると考え、従来のアプリ開発の講座に加えて、今回初めてVR開発の専門講座「Make School VR Track」を開講します。

本講座では開発ツールとしてUnityを使用し、Oculus Rift 、HTC Vive、GearVR向けのゲーム開発を通じて、約8週間でVRゲームの開発技術の習得を目指します。

募集人数は30名で、講座の期間は6月20日から8月12日の8週間です。その期間でVRゲームを完成させ、8月13日に開かれるDemo Dayで成果を発表する予定となっています。

また、以下のような具体的な支援策も発表されています。

  • 1. 出資の検討:クラスの中で優秀な人材やチームがいた場合GVR Fundの出資先として検討する
  • 2. 就労先の紹介:GVR Fundが出資する企業を紹介し、VR市場に優秀な人材を供給する
  • 3. 講師の派遣:GVR Fund出資企業や有力なVRスタートアップ企業から講師を派遣する

「Make School VR Track」の概要

講座名称: Make School VR Track
期間: 2016年6月20日~2016年8月12日
2016年8月13日はDemo Day(成果発表会)
募集人数: 30名
受講料: $1万ドル(渡航費、宿泊代などの生活費を除く)
URL: https://www.makeschool.com/summer-academy/vr
注意事項
・全ての授業は英語で行う。
・C++、Java、その他のObject-Oriented languageのいずれかが仕事で使えるレベルであること。Unityの利用経験は必須ではない。
講座についての問い合わせ先: hello@makeschool.com (英語のみ対応可)

グリーのVR事業戦略

グリーのVR戦略

グリーのVR戦略

グリーはVRを次世代のプラットフォームと位置付け、積極的に市場の拡大に取り組んでいる。

2015年11月に「GREE VR Studio」を、2016年5月にはフジテレビと業務提携しVRコンテンツ創出プロジェクト「FxG VR WORKS」を立ち上げるなど、自社開発によるノウハウの蓄積を積極的に行っている。また、2016年4月には北米VRスタートアップを中心に投資するファンド「GVR Fund」を組成し、北米での投資事業を開始した。さらに、2016年5月10日に市場振興を目的とした「Japan VRSummit」を東京で開催している。グリーは、今後急拡大が期待されるVR市場において、VR体験機会の創出と市場全体の発展に貢献していく方針だ。

VRに関しては、国内でもいち早くから動き出していたグリー。今回の出資先のVRカリキュラムにも積極的に関わっていくようです。投資及び投資先を絡めた厚みのある支援策を整えています。参加金額が日本円にして110万円程度と安くはないですが、興味のある人にとっては魅力的な開発講座となりそうです。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)