ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

任天堂の次世代ゲーム機「NX」、VR対応で発売延期か?

ニュース

2016/06/14 07:00 更新

任天堂の次世代ゲーム機「NX」、いよいよ発売日が発表されました。当初、今月米ロサンジェルスで開催される世界最大級のゲームイベントE3でのお披露目と年末商戦に向けた発売が噂されていましたが、結果的には、来年3月に発売すると決算会見で君島社長が明言しました。

発売時期が明らかになった任天堂の次世代ゲーム機「NX」

NXの発売時期を明らかにした任天堂君島社長

君島社長自身、これまではNXの発表について「今年の早い時期に」と語っていたこともあり、様々な憶測が流れています。

その一つがVR機能に対応するためだというものです。これを報じたのは、台湾紙のDigiTimes。

台湾紙が報じたのは、NXの組み立てを担当するのが、台湾に本社を置くFoxconn(鴻海精密工業)であることも無関係ではないのかもしれません。

DigiTimesは以下のように報じています。(日本語訳)

任天堂の次世代ゲーム機・任天堂NXは、2017年初期に量産が開始される。この日程は、2016年中盤に量産を開始するという当初の量産計画から半年程度の遅れとなる。NXの製造に関与している上流工程の関係者によると、その遅延の理由は、今後登場するゲームやモバイルでの競合での優位性を持たせるため、据置機と携帯機が統合されたゲーム体験を強化し、ハードに仮想現実(VR)機能を追加することを任天堂が望んだためだということ

尚、任天堂NXの組立を担当するFoxconn(鴻海精密工業)は、顧客や製品に関する事項に関するものだとしてコメントを差し控えているようです。

一方、先日の決算会見で君島社長が語ったのは、ハードとソフトを揃える為ということでした。

「ハードとソフトの両方がきちんとそろい、発売開始からきちんと遊んでもらうことが大事だ」
 

現行の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の場合、「年末商戦を外した23年2月に発売したことが苦戦につながったのでは」との見方もあります。クリスマスから年末の「ホリデーシーズン」がゲーム業界のかき入れどきだからです。

それでも、NXは少なくとも「年末までにソフトがそろわない」という事情があるようです。NXがどれだけハードとして技術水準が高くても、ソフトに魅力がなければユーザーにそっぽを向かれるのは、発売初期にソフトに恵まれず伸び悩んだWiiUで経験済みと言えます。

果たして、真相はいかに。

最後に、同日の決算会見で、君島社長は以下のようにも述べています。

「VRのゲームを出すかはまだ決めていない。関心を持たれていることは認識しており、無関心ではない」

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)