ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

グーグル、AR技術を「Tango」と命名、対応機種9月に発売

ニュース

2016/06/18 07:00 更新

Googleがこれまで開発してきたAR技術の正式名称を「Tango」としました。また、「Tango」を搭載したスマートフォンは9月に発売される予定です。注目の端末はLenovoの「Phab 2 Pro」となります。

今回、Googleが発表した動画が以下になります。

Tangoとは

Tangoは、Googleが開発したAR技術の名称です。スマートフォンのカメラ等を通して、現実空間を画面の中に3DCGモデルとして取り込む事が可能です。これまでは、この技術や関連デバイス、ソフトウェアを総称してProject Tangoという名称で呼ばれていました。VRでのポジショントラッキングにも活用できると言われており、非常に多くの可能性を秘めています。

Lenovoの「Phab 2 Pro」

Tangoを利用するために、Phab2 Proにはカメラが全部で4つ搭載されています。16メガピクセル (PDAF)の背面カメラ、Tango用深度センサーに、Tango用モーション・トラッキング、そして8メガピクセルの前面カメラ。ディスプレイは6.4インチでQuad HD (2560×1440)、プロセッサはTangoに最適化されたQualcomm Snapdragon 652(Samsung Galaxy S7に搭載されているものと酷似)、オーディオは、Dolby Atmos、Dolby Audio Capture 5.1。かなりのスペックが積まれています。

Phab 2 Pro

http://www.gizmodo.jp

Phab 2 Pro

http://www.gizmodo.jp

コンテンツはGoogle Play StoreからDL可能

Tangoのスマートフォンで体験できるコンテンツはGoogle Play Storeの特設ページよりダウンロードすることが可能です。既にGoogleが開発したものも含め20程度のコンテンツがリリースされています。

GoogleはVR分野でも、スマホVRとしてDaydreamというプラットフォームを先日発表しています。Daydream対応のスマートフォンは2016年秋を予定しています。Googleは、Androidを軸にスマートフォンを使ったVR/ARを今後さらに推し進めていく事が予想されます。また、それに追従する可能性のあるappleの動向にも注目です。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)