ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

プロ野球の公式戦でVR始球式! 横浜ベイスターズが開催

ニュース

2016/06/29 07:00 更新

VR始球式

http://prtimes.jp

25日、横浜スタジアムで開催されたプロ野球公式戦 横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ。その始球式は、なんと、サムスンのGalaxy「Gear VR」を利用したVR始球式となりました。

VRを活用したバーチャル始球式とは?

バーチャル始球式は、実際の始球式の前にマウンド上でGear VRを装着し、ベイスターズの投手のレクチャーを仮想空間で受けられるというものです。Gear VRを装着すると、マウンド上の仮想空間映像に両選手が現れ、ボールの握り方、プレートの立ち方などを見本をみせながらレクチャーしてくれます。その後に、実際のマウンドで始球式を披露するという流れです。

選ばれたファンがマウンドに登場すると、ボールとGear VRが手渡され、装着するとプロの投手によるレクチャーがスタート。

VR始球式

http://www.rbbtoday.com

VR始球式

http://www.rbbtoday.com

VRなのでスタンドの観客からはピッチャーが一人で立っているだけのように映りますが、本人にはすぐ脇にプロの投手がいてレクチャーを受けている(ように感じる)わけです。

この映像は、スタンドの大型ビジョンにも映しだされるので、観客は、ピッチャーがどんな映像を見ているのか確認できます。ピッチャーが頭を動かせば、映像の視点も移動するといった具合です。

VR始球式

http://www.rbbtoday.com

横浜DeNAベイスターズは、ファンに新しい球場体験を提供すべく、「360ベイスターズ」というサービスを展開中。選手のピッチング練習、バッティング練習などの動画を球場やブルペンからの視点による360度映像を、専用サイトや横浜スタジアムに設置された体験ブースで楽しめるように演出しています。

実際に始球式前にピッチャーが見たレクチャー動画は以下よりご覧頂けます。

こういう機会にVRが活用されることはVRの普及という意味でもとても素晴らしい機会のように思えます。なぜなら、VR用のPCやHMDなど何十万を掛けて用意する必要もなければ、VRを体験する為だけにどこかに出かける必要もありません。非常にライトな層の消費者にまでVRを知るきっかけが持てるわけです。

これからも横浜ベイスターズの頭を捻った素晴らしい演出に期待です。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)