ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

体感型VRコンテンツ「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」登場

ニュース

2016/01/21 07:00 更新

こちらも以前『VR市場が2020年までに3.6兆円市場に?』という記事の中でVR活用が予測される産業の中に入っていたVRのテーマパークでの活用事例のニュースになります。

米国や英国でVRを用いたテーマパークやアトラクションがオープン予定ということをお伝えしましたが、ついに日本でもユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)でVRを用いたアトラクションがオープンするようです!

先日、USJはプレス向けの新アトラクションプレスプレビューイベントを開催しました。これは1月15日から公開されている「Universal Cool Japan 2016」のオープニングイベントと合わせて行われたもので、Cool Japanを世界に広げていこうと日本を代表する「新世紀エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」「モンスターハンター」「バイオハザード」の4タイトルが選出。

さらにUSJの特命大使に任命されたアーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅさんをテーマにしたものを加えた5つの新アトラクションが新たに追加されました。

きゃりーぱみゅぱみゅXRライドイメージ

http://www.4gamer.net

今回取り上げるのは「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」です。

とその前に「XRライドって?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。「VRを超えた第六感を刺激するまったく新しい驚きの体験」ということでジェットコースターとVR対応HMDを組み合わせた体感型VRコンテンツとなっています。

昨今のVR研究やさまざまなデモなどでVRHMDによる映像をブランコと組み合わせたりすると非常に効果的なことが知られていますが、その進化系のようなものでこれほど大規模なものはおそらく世界初だと思われます。

きゃりーぱみゅぱみゅXRライド公式ムービー

実際の体験レポートについては各メディアにて報じられているので、ネタバレOKな読者の方は是非以下の記事を読み進めてください。(純粋に楽しみたい、体験予定であるという人は予備知識ナシのほうが楽しめると思うので未読スルーしてしまいましょう。)

なお、本作のVRHMDとしてはGear VRが使用されています。ジェットコースターなので有線のOculus Rift系は使えず、Gear VRが昨年末に無事正式発売されたところなのでそれに合せての開発なのかもしれません。

試した限りでは急な首振りなどでのレイテンシもほぼ気にならないレベルのようで、VR体験としてはかなり高品質な仕上がりのようです。

筆者としてはVRの普及の第一歩としては、個々人での端末購入が必要になるようなゲームよりは、こういったテーマパークや先日お伝えした映画などの方が適していると考えています。

情報感度の高い方や金銭的余裕がある程度ある人であれば、先日予約が開始されたOculusRiftなどを購入しゲームなどで楽しむのかもしれませんが、それだけでは大衆化していきません。もう少しVRを体験するハードルが低い何かが必要だと考えていて、それはテーマパークや映画になるだろうと予測しています。

ということで、USJに行った際は、是非「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」を体験してみてください!そして、これに追従して東京ディズニーランドなどでも導入されるとさらにVRが盛り上がりますね。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)