ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

フジテレビ、グリーと業務提携しVR市場に参入

ニュース

2016/07/07 07:00 更新

フジテレビとグリーが、VR領域で業務提携し、5月に「F×G VR WORKS」を設立しましたが、その展開にあたり記者発表会をお台場にあるフジテレビ内で行いました。

フジテレビとグリーがVR領域で業務提携

http://www.nack5.co.jp/

F×G VR WORKS

放送を取り巻く環境が大きく変化している中で、フジテレビの常務取締役大多亮氏は「このチャンスを逃すわけにはいかない」と、本人曰く「強迫観念にも似た思い」でVR市場への参入を決めた経緯を語りました。

10月に発売予定のPlaystationVRに予約が殺到するなど、消費者からの期待も高まり、製品もリリース間近となり、いよいよVRを消費者が楽しむ環境が整いつつあることから、2016年は「VR元年」とも言われています。

大多常務はVRについて以下のような意欲的なコメントを残しています。

「フジテレビではこれまで培ってきたエンターテインメント、報道、スポーツ中継などの映像コンテンツを作ってきた制作力が財産。この強みを生かせばいままでにないコンテンツが作れるのではないか。先行者メリットも得られるのではないか。VRにおける強いコンテンツファクトリーになりたい」

1990年代後半から主にネットの普及によりテレビの視聴者は徐々にネットに奪われ、スマホが普及した現在ではいよいよ「テレビ離れ」が深刻化してきています。ややもするとVRは、新たにテレビの視聴者の時間を奪うものになりかねないです。その点についても大多常務は以下のように述べています。

「テレビはずっとカニバる(競合の)歴史を歩んできた。録画機が出た時もDVDが普及する時も言われたこと。フジテレビはいち早く事業イベントや映画事業にも手を出してきたし、カニバっていく歴史の中で、先駆者としてのブランドイメージを構築することも大事」

 続けて、以下のように力説しています。

「我々にとって一番恐いのは、おもしろいものを作れなくなる制作力の低下。VRに参入することでテレビが見られなくなっちゃうと考えるのではなく、どんどんやっていくほうが盛り上がっていく。関連番組をテレビで放送することもできる。むしろそういう可能性に期待したい」
 

グリーの田中良和代表取締役会長兼社長も以下のように語っていました。

「誰よりも早く参入して新しい時代を作っていくのが私たちの使命」

現在の地上波テレビの市場規模は2兆7600億円程度ですが、VRはゲームを始め、アミューズメント(テーマパークなど)、不動産、旅行、教育、医療など、幅広い分野から、それもグローバルにニーズが見込まれ、2020年にVRの市場規模は世界で7兆円規模に拡大するという予測もあります。

発表会では、永島優美フジテレビアナウンサーと“擬似デート”が楽しめるVRコンテンツを約100人の来場者が無線制御によるヘッドマウントディスプレイで同時視聴体験するという業界史上初の試みも実施されました。

また、ゲストとしてスポーツジャーナリストの前園真聖氏、女子高校生社長として知られ、現在は慶應義塾大学1年生で実業家、マーケティング事業を行うAMFの代表取締役の椎木里佳氏が登壇し、バレーボールの試合をVR空間で楽しむコンテンツや、東日本大震災の被災地のアーカイブ写真や映像を交えた震災の記憶を360°映像でつづったコンテンツを体験しました。

バレーボールの試合をVR空間で楽しむコンテンツ

http://www.nack5.co.jp/

フジテレビ・山口真コンテンツ事業局長はVRについて以下のような意欲的なコメントを残しています。

「ディレクターが取材した日本の風景や災害現場、記者会見など、VRコンテンツとしての報道番組の配信を始めようと準備しています。今年度については予算的な目標は設定していないが、制作を受託できそうなニーズはあり、今年度から黒字を作るれるのではないか、と期待しています。いずれ、会社全体を支えられるような収益を目指したい」

テレビ局側からすると、VRに対してどのようなスタンスを取るのかで、テレビから視聴者を奪うのものなのか、はたまたテレビに視聴者を呼び戻せるものなのか、どちらにもなり得るのかもしれません。そう考えると今回のフジテレビの動きはかなり攻めを意識されたものと言えるでしょう。

ネット企業とテレビ局の業務提携は今まで何度か行なわれていると思いますが、際立った成果が上がった事例は残念ながらあまり多くはないかもしれません。しかし、攻めの姿勢を見せるフジテレビの動きには注目すべきでしょう。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)