ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

ニュース

2016/07/25 07:00 更新

日本トイザらスは、スマートフォンと専用ゴーグルを使用して360度バーチャル体験が楽しめる子ども向けVRコンテンツ「マリンVRアドベンチャー」の提供を開始しました。

マリンVRアドベンチャー

http://prtimes.jp

おもちゃカタログ/夏のTOY祭り2016!!」との連動企画となっていて、「トイザらス・ベビーザらス 公式アプリ」内の「かざすカメラ」を起動し、カタログの表紙を読み取ることによって楽しめる企画となっています。

マリンVRアドベンチャー」の画面サンプル

マリンVRアドベンチャー

http://prtimes.jp

カタログの表紙を読み取ると、海の中を潜水艦で冒険できるバーチャル体験「マリンVRアドベンチャー」がスタートします。スマートフォンをセットした専用ゴーグルを装着して画面を覗くと、360度全方向で臨場感あふれる映像が表示されます。海の中に登場する魚たちの特徴を紹介する知育要素のほか、今夏の人気おもちゃ30商品の詳細や動画視聴など、さまざまな仕掛けを搭載しています。

マリンVRアドベンチャー

http://prtimes.jp

同社は、子どもたちが気軽にVRを楽しめるよう、初めてVR専用コンテンツを開発しました。安全面に配慮し、全年齢層に対応したハコスコ製の一眼モデルタイプ・ゴーグルを採用し、VRならではの没入感を演出しています。また、1回あたりのVRプログラムを約5分に設定し、適度な休息を取り入れられる工夫を施しています。確かにVRは大人でも数十分継続して遊ぶと少し疲労を感じるので、五分単位というのは、子供向けに考えられたタイム設計です。

また、ゴーグルなしでも楽しめるように、スマートフォン画面だけで360度のパノラマ・アドベンチャーを楽しめる仕様になっています。

専用ゴーグルは「引換券」を所有する「トイザらス・ベビーザらス ポイントカード」会員向けのプレゼントとなっています。7月15日~8月16日の期間中、全国のトイザらス、ベビーザらス店舗で1回合計3000円(税込)以上の購入者、全店先着合計3000名を対象に無料配布されます。期間内でもなくなり次第終了となるので、ご注意ください。

VRは大人だけが楽しむものではないので、本取り組みのように子供への配慮がされたVRコンテンツの充実も今後求められてきそうです。そして、初めてのゲーム体験がVRゲームだという世代もあと数年で生まれてくるのかもしれませんね。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

ZERO LATENCY VR

話題の東京ジョイポリスVRアトラクション、いよいよオープン

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)