ドットVRロゴ

VRの最新情報をお届けするサイト『ドットVR』

宇宙旅行VRジェットコースターがイギリスに登場予定

ニュース

2016/01/29 07:00 更新

以前お伝えしたVRを活用したイギリスのテーマパーク「Alton Towers」のジェットコースター「Galactica」について続報をお伝えいたします!

Galacticaサービスイメージ

http://www.altontowersholidays.com

GalacticaはVRヘッドマウントディスプレイを装着したまま搭乗するジェットコースターです。その名の通り宇宙をテーマとしています。ジェットコースターが実際に引き起こす重力や風を感じながら、一方で目の前に広がるのは壮麗な宇宙空間。広大な宇宙を駆け抜ける体験は極上のものとなるでしょう。

旅の全行程は約3分となっています。太陽系を飛び出し、オリオン大星雲を通って二つの惑星も訪れる大迫力の宇宙旅行。そんなGalacticaの性能は以下の通りです。

  • ・全長840メートル
  • ・高低落差20メートル
  • ・搭乗時間189秒
  • ・最高速度 時速75キロメートル
  • ・28人乗り(1時間当たり1500人)
  • ・最大重力 3.5G (スペースシャトル発射時に宇宙飛行士が感じる重力は3G程)
  • ※稼働開始予定時期:2016年4月
VRヘッドマウントディスプレイ装着イメージ

https://www.galacticatours.com

乗客は専用のカバー・ストラップを施されたGear VRを装着するようです。このデザインを手掛けたのはイギリスのFigment Productions社。同社はVR向けに現実のジェットコースターの動きをVR上にシンクロさせ、コントロールする「Vector VR」というシステムを開発しており、そのVector VRはこの宇宙コースターにも使われています。GalacticaはVector VRの最初の公式プロジェクトです。

Vector VRイメージ

https://www.galacticatours.com

こういったテーマパークなどでの利用や映画館での利用は今後増加していくことが予想されますが、その際利用されるヘッドマウントディスプレイとしてはGearVRのような製品が有利になってきますね。先日オープンした大阪USJの『きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド』でもGearVRが採用されていました。

OculusRiftなどは別途ハイエンドPCが必要であり「ポジショントラッキング」などを可能にしている強みもありますが、こういった現実を見ると一長一短を感じます。市場ではOculusRiftやPlaystation VR、HTV ViveなどどこがこのVRHMD戦線で勝ち抜くかといった視点で盛り上がりを見せていますが、現実にはHMDに対してある程度異なるニーズが存在し、それに合わせるようにいくつかのHMDが存在する未来があるのかもしれませんね。

また、テーマパークでVRを体験できる『きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド』や『Galactica』といったアトラクションはVRに強い関心がない多くの人にとってVRを初めて体験する機会となるでしょう。その機会がVRの認知を広げ、市場ニーズが形成される一助となることを期待します。

それでは、また!

オススメの記事

VR Lab

VRコンテンツのマネタイズ支援サービス『VR Lab』が設立

日本トイザらス

日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始

360度動画(VR)

【厳選!360度VR動画】本日のイッポン!Vo.19

Magic Leap

Magic Leap、リリース間近か?CEOが示唆

ポケモンGO

ポケモンGo、VR対応か。ライセンスが示唆

Motivator

関ヶ原演義など人気スマホゲーム運営会社、VR対応の新作を配信

Galaxy Gear 360

サムスン、4K相当の360度カメラを4万円台後半で販売開始

ジェリー・ヤン

Yahoo!共同創設者ジェリー・ヤン氏、VR分野へ積極投資

人気記事ランキング

1

なぜVRを体験すると酔うのか?VR酔いの正体とその対策

2

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(前編)

3

VRで斜視が治癒!医療におけるVRデバイスの可能性

4

アンケート結果:最もVRを利用したいのは「スカイダイビング」

5

【永久完全保存版】360度VR動画まとめ(後編)